FC2ブログ

アングラーを魅了するイマカツは凄いぞ! > イマカツ セット

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イマカツ セット

イマカツ セット ウグイ

イマカツのお得なセットの一つが、イマカツジャバロンハードウグイセットでしょう。

このセットは、イマカツのジャバロンとウグイの餌疑が付いて13,000円のお得なイマカツセット商品です。

ウグイとは?

この魚の全貌に迫ります。

体長は30cmほど(大きなものは50センチを超える)になり、全体にこげ茶色で側面に1本の黒い筋があります。

腹部は繁殖期以外には銀白色で、春になると雌雄ともに鮮やかな3本の赤い条線を持つ独特の婚姻色へ変化します。

婚姻色の赤い条線より「アカウオ」と呼ばれることもあり、この時期には川の浅瀬の堆積した土砂の上で産卵をおこないます。

一生を河川で過ごす淡水型と一旦海に出る降海型がいて、降海型は北へ行くほどその比率が増します。


近縁種としましては、北海道などの河川・湖沼に生息するエゾウグイや、新潟県周辺の河川に生息するウケクチウグイなどが有名で、いずれも完全な淡水型です。

汽水域や内湾、沿岸域に生息し、産卵のために河川を遡上する遡河回遊魚マルタ(マルタウグイ)も、ウグイの近縁種の一つです。

ウグイとマルタとは交雑しやすいです。

◆ 分布

沖縄地方を除く日本全国に分布します。

多くの地方でオイカワやカワムツなどと一括りに「ハヤ」と呼ばれるほか、

分布の広さからアイソ、アカハラ、クキ、タロ、ニガッパヤ、イダなど各地の独特な名前が付けられています。

河川の上流域~下流域に幅広く生息し、水生昆虫、水に落ちた昆虫、水底のコケ、小さな魚、魚の卵など何でも捕食する典型的な雑食性を持っています。

補食に際して、群れを組んで泳ぎ回るので、橋の上などから魚影を確認することができます。

◆ 漁獲
水遊びの相手として古来よりなじみ深い魚で、釣りでは、ほとんどの餌に食いついてくるため、他の魚を狙う場合にも釣れることがあります。

餌は普通の釣餌以外に魚肉ソーセージ、かまぼこなどの魚肉練り製品、イカの塩辛、鳥のレバー、カステラ、羊羹、干しぶどう、油揚げなどでも釣れます。

小型ルアーを使うルアーフィッシングでも釣れ、引きは小さなサイズでもヤマメ、イワナと区別できないくらいパワフルで、マス類の禁漁期のターゲットともされるぐらいです。

一部では海に下りたウグイをオオガイと呼び区別する所もあり、体長も大きいもので50センチを超えるものの、食用魚として認識されていないので、専門に釣る人はほとんどいません。


また、生息域がハゼ等の食用魚と重なるため、それを専門としている釣り人からは餌取の外道として嫌われています。

こんな人間には嫌われ者のウグイですが、バス等にとれば絶好の獲物なんですね。

イマカツセットウグイ入り、おすすめです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
⇒ 今江克隆著作&DVD集
ブラックバス
スポンサーサイト

イマカツ セット

イマカツ セット アベヤンマ

イマカツセットと言えば、イマカツ アベヤンマ&風神スパイダーセット!

超人気のイマカツセットで、売れまくりなのです!

在庫ありませんとネットでのコメントでした。


このイマカツセットのアベヤンマ。

説明しますと、イマカツアベヤンマは、イマカツ『風神スパイダー』 に続く、

水生昆虫系フローティングライトラバージグ第2弾 『アベヤンマ』なのです 。
(それがセットなんですね。)

その名の通り、野池や川、どこにでも存在するヤゴをモチーフにしたアベヤンマは、

スモールマウスのイメージが強いムシ系ルアーの中でも、

特に大型のラージマウスに強烈な威力を発揮するようテストを繰り返した、

「強水押し系」極小トップウォータージグです。


その最大のキモはフローティングジグながらイージーで正確な遠投性能と、

イマカツ風神スパイダー同様、水をしっかり掴み、

「もがき」の波動を生み出すショートカット・ハードシリコンカバー。


そしてイマカツアベヤンマが持つもう一つの特徴は、そのサイズに似合わない高い集魚力です。

イマカツアベヤンマトレーラーには「プッシュアップ・フロントアーム」が装備され、

このアームバーの反発によって移動距離を最小限にとどめ、

大きな水押しパワーを発揮し、ラージマウスの側線に強くアピールします。


トレーラー単体でもマス針やオフセットフックを使い、

更にフィネスでナチュラルなムシパターンに対応、

特にスプリットショットリグやキャロライナリグでは

イマカツアベヤンマトレーラーのレッグが浮上時に生き生きと振動し、

まるで本物のヤゴが水面へもがきあがろうとする様子を再現します。


単なるベーシックなムシパターンだけでなく、さまざまなリグにも応用が可能なアベヤンマ。

最近では冬でもサイトでバスを発見できれば有効であることが証明されています。


オールシーズンなトリックベイトとして、あなたの工夫で新たなる可能性が切り開かれます。


こんな魅力的ルアーがあるなんて、びっくりですね!

この最強セット、使ってみたいです!


☆必見! ルアー釣りの本&マガジン売れ筋ランキング

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。