FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イマカツ 限定

イマカツ 限定 コフナジー

イマカツだけの限定商品!
イマカツのオリジナル限定ルアー紹介します!

まずは、コフナジー Length:17.0cm Weight:2ozClass

自らの意志で動き始める究極のデッドスティックアクション、ロールを抑えたシャークウォークでよりベイトに肉薄。

強波動フラットサイド型デッド系。

イマカツ・ウッドベイトシリーズ限定「コフナジー」は、誰にでも簡単にビッグベイトの楽しさを体験できる、ミドルサイズのウッドスイムベイトです。

ウッドならではの様々な個性を持つ素材から、イマカツ限定コフナジーに最適の素材を厳選、一つ一つハンドクラフトによって製作されたイマカツ限定コフナジーは自然素材、"ウッド" にしか出せない、水に絡み付くような生命感溢れる泳ぎでスレたビッグバスを攻略します。

ターゲッティングさせるインパクトを与えつつ、必要以上にプレッシャーを加えない絶妙のサイズセッティング。

今までのビッグベイトでは攻めきれなかった野池など小規模フィールドに最適です。

サイドがフラットな扁平ボディのため、下から見上げるバスの視点ではシルエットは小さく見えますが、縦に長いため容積は大きく強力な浮力を備えています。


そして胸ビレにポリカーボネイト製のシャークフィンを新たに採用。

リーリング時にロールを抑え、より本物の魚の泳ぎに近いシャークウォークを手に入れました。

またキールの役割を持ったテール付け根の尾ビレと、扁平なボディは着水時の波紋を拾って増幅し、アングラーが意図せずとも自動的に弱々しく泳ぎ出す究極のデッドスティッキングアクションが発生します。

この動きは低水温で活性の低いときやプレッシャーがきつくかかった状態で驚異的な実績を残しています。


抜群の汎用性、軽いトゥイッチにも機敏に反応する高レスポンス、

いかなるルアーでも結果が得られないときに活躍するデッドスティックなど、

いままで欲しくてもなかった機能を満載。


イマカツ限定コフナジーでしか獲れない魚は、確実に存在します。

一度お試ししてください。


★御大開高健が世界の河・湖・海で息をのむような巨魚、名魚、奇魚に挑む!
珠玉の釣り紀行も多い!⇒ 開高健人気著作集
スポンサーサイト

イマカツ 引退

イマカツ 引退 スポーツ

イマカツホームページを見ると引退の言葉がブログの方でちらほら・・・。

プロの釣りの世界にも引退があることを初めて知りました。

イマカツさんだけではない、引退の意味に迫ります。


まずは、引退(いんたい、英:retirement)とは、官職や地位等から退いたり、スポーツ選手などが選手としての身分を離れたりする事です。

プロスポーツ選手の他、スポーツを行っている学生・生徒らが最終学年となって高校・大学受験等で試合出場の機会が無くなり、所属するクラブや部活動から離れる事も引退と呼ばれます。

また、鉄道の車両などが役割を終えたときも引退と呼びます。


プロスポーツの場合、あらかじめ引退が予告される事があり、

その場合、引退試合とされることがあります。

大相撲の引退においては取組としての引退試合はなく、引退宣言後の断髪式が有名です。


イマカツさんのようなプロ釣り師の方々の引退とはどのどのような形なのか、個人的にとても気になる所です。

多分個人的見解を言わさせてもらいますと、イマカツさんのようなプロ釣り師の方々の引退に大きく絡むのは、”体調”じゃないでしょうか。

渓流釣りなんかでは、冷たい水の中で長時間釣りをすることもあるでしょうしね。

やはり、イマカツさんのようなプロ釣り師の方々は、忍耐力も体力も使うスポーツです。

他のスポーツ同様、体資本の世界だと思いますので、イマカツのメンバーさんには、体に気おつけて頑張っていただきたいです。


☆こちらもご参考に!書店には絶対売ってない!⇒
 元バスプロ亀丸 圭一郎が教える!ブラックバスがガバガバ釣れる方法「湖編」
 釣れたんじゃない!釣ったんだ!

イマカツ ダメージキャップ

イマカツ ダメージキャップ 古代エジプト

イマカツダメージキャップを調べていくうち、各時代の帽子の役割ですとか、起源が気になりました。

イマカツのダメージキャップ本当にかっこいいのですが、

古代エジプトの人たちは、帽子をどう捉えていたのでしょうか。

謎ですね。


エジプトの服装は単純なもので、首からウエストあるいは足首までのチュニック風のものとロイン・クロス(loincloth)を用いました。

男性の髪型は種々あって、髪飾りやかぶりものでいろいろ変化を出しました。


王朝時代に入ると、奴隷から王にいたるまで帽子の代りとも考えられる”かつら”を使用するようになりました。

かつらの一般的なものはボブ(bob)で、自分の毛髪をやや伸ばしたほどの小じんまりしたものでした。

新王国時代になりますと、国王はかつらの上に横縞のボンネットをスカーフのようにかぶりました。


その他、各種の王冠がありましたが、これは金属の丈の高い筒型だったりヘルメット型でしたが、

女性のかつらはかなり装飾的で、長さ、縮み方、飾りで変化づけられ、

それにリボン結びをしたり、香水をかけた円錐形の飾りをつける習慣がありました。

中王国の王妃のかつらには、巻貝のように長く両横に垂らしたものもみられます。

古代エジプトの人たちはどうやら今で言う”かつら”を頭に置いていたのですね。


時代は流れ、たくさん帽子が生れました。

イマカツのダメージキャップもただ単に、イマカツとブランドが付いているダメージキャップではありません。

他のダメージキャップとは一味違うイマカツダメージキャップをおススメします。


☆こちらもご参考に! ⇒ ルアー釣りの本&マガジン売れ筋ランキング

イマカツ ダメージキャップ

イマカツ ダメージキャップ 歴史

イマカツダメージキャップを紹介する前に、イマカツのダメージキャップの原点、”帽子”の歴史について紹介しましょう。

イマカツのダメージキャップの原点”帽子”は、

人類が裸で野山を駆けていた頃は、もちろん無帽だったでしょうが、

帽子の起源は古く、すでに原始時代には、帽子の類似品やその前身と見られる被り物があったと言われています。

紀元前4千年頃にエジプトでは、王が王冠をかぶり、庶民が頭巾をかぶるようになっていたことは、遺跡からも知ることが出来ます。

また、中国の古書にも王冠や被り物が見られます。

しかし、それらの帽子は階級の象徴であったり、防暑・防寒・防塵または戦闘防御用として頭を保護するために用いられていたようです。

その後、文化の発展に伴なって装飾の役目を兼ねるようになり、シルエットもいろいろと変化してきました。

日本においても古くから烏帽子(えぼし)や頭巾が用いられていましたが、

本格的に我が国で帽子がかぶられるようになったのは明治になってからで、

欧米の文化の導入に伴なう洋装化と共に普及してきました。


そんな”帽子”から生まれたイマカツのダメージキャップ。

人々が、自分を魅せるために被られてから今日のイマカツダメージキャップがあるわけです。

昔の人が、”帽子”を被らなかったら、イマカツダメージキャップ以前に、他のダメージキャップも生まれなかったかもしれませんね。

昔の人に感謝です!(おおげさかな?やっぱり)


☆バスフィッシングのカリスマ!イマカツ社長 
 今江克隆著作&DVD集

イマカツ ルアーフィッシング入門

イマカツ ルアーフィッシング入門 釣り用語

イマカツでのルアーフィッシング入門

○より良く釣りを楽しむためのイマカツでのフィッシング入門釣り用語集1

◆アウトレット ⇒ 湖や池などの流れ出しのこと。

◆アクション ⇒ ルアーの動き。

◆朝マヅメ ⇒ 朝の明るくなり始める時間帯。この時間帯が釣りのメイン。

◆アタック ⇒ 魚がルアーをくわえた瞬間。

◆アップストリームキャスト ⇒ 自分のいるところから上流にキャストすること。

◆アベレージ ⇒ 平均。アベレージサイズ=平均サイズ。

◆アワセ ⇒ 魚のアタリがあってから、大きくあおる動作。

◆アンダーショットリグ ⇒ 針の下にガン玉をつけるワームの仕掛け。


○より良く釣りを楽しむためのイマカツでのフィッシング入門釣り用語集2

◆カーブフォール ⇒ ルアーキャスト後、ラインにテンションを張り、弧を描く様にフォールさせること。

◆ガイド ⇒ ロッドブランクについているラインを通す輪。

◆カケアガリ ⇒ 海や池の底が傾斜しているところ。
           魚が集まりやすく、ルアーフィッシングの好ポイント。

◆活性 ⇒ 魚の反応。高活性の場合、魚がルアーによくアタックしてきます。

◆汽水域 ⇒ 海水と淡水が交わるところ。

◆キャスト ⇒ ルアーを投げること。

◆キャロライナリグ ⇒ 針の上に中通しオモリをつけるワームの仕掛け。

◆魚影 ⇒ 魚の数。


○より良く釣りを楽しむためのイマカツでのフィッシング入門釣り用語集3

◆ターンオーバー ⇒ 表層の冷たい水と底層の暖かい水がひっくり返る現象。
              これが起こると魚の活性が下がる・・・

◆ダウンショットリグ ⇒ 針の下にオモリをつけるワームの仕掛け。

◆ダウンストリームキャスト ⇒ 自分のいるところから下流にキャストすること。

◆ただ巻き ⇒ ルアーをアクションをつけず巻くこと。

◆タックル ⇒ 釣り道具のこと。


○より良く釣りを楽しむためのイマカツでのフィッシング入門釣り用語集4

◆ナイトゲーム ⇒ 夜釣りのこと。
            メバルやカサゴは一般的にナイトゲームのターゲットです。

◆ナイロンライン ⇒ ナイロンを使用したライン。安価で

◆ナギ ⇒ 波風が立たず、海面が静かな状態のこと。
        メバルはナギを釣れ。です!

◆ナチュラルストラクチャー ⇒ 水生植物や岩、倒木のように自然によってできたストラクチャーのこと。

◆ナブラ ⇒ 水面の魚の群れ。
        青物やシーバスを狙う際はナブラ付近を狙ってください。  
        実際に見るとすごい迫力です。

◆ネイルシンカー ⇒ ワームに直接埋め込むオモリ。

◆根掛かり ⇒ ルアーが引っかかること。
          これが連発するとかなりヘコミます・・・(泣)

◆ノイジー ⇒ トップウォータープラグの一種で、
         ボディ横についた羽で音を立てて水面を泳ぐルアー。

◆ノーシンカーリグ ⇒ オモリを使わないワームの仕掛け。

◆ノット ⇒ 結び方のこと。
        様々なノットがあるが用途に応じて各1種類づつ覚えておけば十分。


○より良く釣りを楽しむためのイマカツでのフィッシング入門釣り用語集5

◆ハードルアー ⇒ プラグやメタルジグ等の総称。
            その名のとおり硬いルアーです。

◆バイブ ⇒ 振動すること。

◆バーブレスフック ⇒ カエシの付いていない針のこと。

◆バジング ⇒ 水面で音を鳴らしながらルアーを引くテクニック。
          主にスピナーベイトで使用します。

◆バズベイト ⇒ プロペラとフックがワイヤーでつながっているルアー。
           表層を水しぶきをあげて巻いてくる。

◆バックラッシュ ⇒ ベイトリールでキャスト後、スプールが回りすぎ
             余分な糸が出て絡むこと。

◆バット ⇒ ロッドブランクの根元の部分。

◆パレットシンカー ⇒ 弾丸型のシンカー。
              主にテキサスリグに使用する。


○より良く釣りを楽しむためのイマカツでのフィッシング入門釣り用語集6

◆マッディウォーター ⇒ 濁った水質のこと。

◆マンメンドストラクチャー ⇒ 人工的に造ったストラクチャー。
                  テトラポットや桟橋等。

◆メタルジグ ⇒ 金属の塊の様なルアー。

◆メタルバイブ ⇒ 金属製のバイブレーションプラグ。

◆メソッド ⇒ 釣りの手法のこと。

◆藻場 ⇒ 海底に藻が繁殖しているところ。


○より良く釣りを楽しむためのイマカツでのフィッシング入門釣り用語集7

◆ライズ ⇒ 魚がはねること。

◆ライン ⇒ 糸のこと。

◆ラインスラッグ ⇒ ラインのたるみのこと。
  青物やシイラの釣りにはファイト中強烈なラインスラッグが起こるので注意!

◆ラインブレイク ⇒ 魚とのファイト中ラインを切られてしまうこと。

◆ラトル ⇒ ルアーの中に入っている音を鳴らすための球。

◆ラン&ガン ⇒ さまざまなポイントを打っては移動、打っては移動を繰り返すスタイル。

◆ランディングネット ⇒ 魚をすくう玉網のこと。

◆リアクションバイト ⇒ 魚が反射的にルアーに食いつくこと。

◆リーダー ⇒ もとのラインからルアーまでのライン。
  巻いているラインからルアーまでのラインを変えたいときに使用する。

◆リーリング ⇒ リールを巻くこと。

◆リザーバー ⇒ ダム湖のこと。

◆リトリーブ ⇒ リールを巻き、ルアーを寄せてくる動作。

◆リグ ⇒ ワームを使用する時の仕掛けのこと。

◆リフト&フォール ⇒ ルアーを浮かせたり沈めたりするテクニック。
              主にワームに使用する。

◆リリース ⇒ 釣った魚を再び水に放すこと。
         食べない魚は傷つけないようにリリースしましょう。

◆レイダウン ⇒ 倒木のこと。

◆レンジ ⇒ 水中の層のこと。

◆ローテーション ⇒ ルアーを交換していくこと。

◆ローリング ⇒ ルアーを正面から見て左右に回転するさま。

◆ロッド ⇒ 竿のこと。

◆ロッドブランク ⇒ ロッドの主要部分。主にカーボンやグラスが使用される。

◆ロッドワーク ⇒ ロッドを操作してルアーにアクションさせること。

ブラックバス


☆こちらもご参考に!書店には絶対売ってない!⇒

  元バスプロ亀丸 圭一郎が教える!ブラックバスがガバガバ釣れる方法「湖編」
 釣れたんじゃない!釣ったんだ!

イマカツ ルアーフィッシング入門

イマカツ ルアーフィッシング入門 心得

イマカツでのフィッシング入門編としまして、おすすめの心得紹介!

★イマカツでのフィッシング入門心得その1  マッチ・ザ・ベイト

イマカツルアーをベイトにマッチさせるということ。

例えば、シーバスが15cm程のイワシの群れを追いかけているのに、20cm以上のディープミノーを使う人はなかなかいないと思います。

シーバスが15cmのイワシを追いかけているなら、15cm位の表層近くを泳ぐ、イワシカラーのミノーのほうが確実にその場のベイトに合っていますよね。

このように、ルアーの動き、種類、大きさ、色 等をベイトとなるものに合わせる事基本中の基本です。


★イマカツでのフィッシング入門心得その2  釣果は足で稼ぐべし

エサ釣りでは、エサを使用し魚を寄せて釣るというのが一般的です。

しかしルアーフィッシングでは、匂いも無ければ、撒き餌を使うことも無い。

それならば、自分から動くしかないのです。

動いて魚の居場所を探そう!

イマカツルアーフィッシングは、エサ釣りと違い、ゴチャゴチャした道具がありませんので移動は容易に出来ます。

釣れなければ、違うポイントに!を心掛けてください。


★イマカツでのフィッシング入門心得その3 ルアーの動きをイメージすべし

エサ釣りでは、生きたエサを使用する時勝手に動いてくれますが、イマカツルアーは自分でアクションを加えない限り動きません。

その動かし方一つで釣果は変化することでしょう。

基本的な動き方をイメージできない限り、高度なテクニックは使いこなせません。

初心者は、まず底が見える水辺で、イマカツルアーがどのように動くか確認することが大切です。

そのうち見えない場所でも、「今、木に当たってヒラ打ちしている」といったようなことが分かるようになってくるはずです。

やはりこればかりは、経験しかありません!


★イマカツでのフィッシング入門心得その4  相手をよく知るべし

ターゲットの生態,特徴 等の情報は釣行前に必ず調べておきましょう。

何を食べているのか、どこに隠れているのか、等いろいろ調べておかないと「ボウズ」で帰る羽目になりますよ。

調べる項目はたくさんありますが、とりあえず「生息地」「食性」「性格」を調べておけばなんとかなるかも!

それともうひとつ大事なのは、ベイトを知ることです。

イマカツでのルアーフィッシングが、ベイトに似せる釣りだと説明しましたが、その似せるものが分からなければ話になりません。

「イワシ」「エビ」「カニ」等のベイトを見つけたら、一度観察してみるのも釣りの勉強です。


★イマカツでのフィッシング入門心得その5  足元,近場に注意すべし

「足元は危ないから気をつけて!」なんていう話ではありません^^;

意外に浅いところにデカい魚がいるのです!

灯台下暗し。

ここをチェックするだけでも釣果は上がるかもしれません。

ルアーといえば投げるイメージが強いせいか投げてばかりいる人が多いです。

しかし、そのおかげで足元の魚はノープレッシャーだったりするのです。

それに、遠くで魚がかかった場合、ライン巻き取る間に近くの魚は全部逃げてしまいます。

それを防ぐためにも、近くから遠くへの釣りをお勧めします。

ブラックバス

☆こちらもご参考に ⇒ 
 バスフィッシングのカリスマ!イマカツ社長 今江克隆著作&DVD集

ブラックバス

イマカツ ルアーフィッシング入門

イマカツ ルアーフィッシング入門 歴史

イマカツルアーフィッシング入門

ルアーの歴史も理解しておきたいですね。


 ★☆ イマカツルアーフィッシング入門で学ぶ=歴史

日本のルアーというものは歴史の浅いものだと思われている方が多いのではないでしょうか。

エギ(餌木)は日本にもともとあるルアーで300年の歴史があるようなのです。

昔からルアーで、釣り易い生き物がいるという認識があったようです。

それを考えると、ルアーのほうが釣り易い魚が確実に存在することが分かります。


しかし、そんな魚を狙うより、ルアーで釣れないと思っている魚を釣った時の充実感がたまりません!!

ルアーの歴史は、まだまだこれからです。

新しい歴史を作るのはあなたかもしれませんよ!


 ★☆ イマカツルアーフィッシング入門で学ぶ=メリット

ルアー釣りのメリットは、道具がコンパクトで、エサの付け替えが必要ないことです。

道具がコンパクトな分、移動が容易で魚のいるところを早く探し出せるというのが強みです。

また、エサの付け替えが不要で、手返しが早くなり、エサ釣りより多くキャストできます。

小魚を追っている魚には、エサより有効です。


 ★☆ イマカツルアーフィッシング入門で学ぶ=デメリット

ルアー釣りのデメリットは、先ほども書きましたが偽物のエサを使う分なかなかエサ釣りには勝てません。

いかに本物のエサに近づけるかが一番の課題です。

エサに付いている魚は、ルアーを通しても見向きもしません...


どうでしょう。イマカツルアーフィッシング入門編。

お役に立てれば幸いです。


☆こちらもご参考に!書店には絶対売ってない!⇒

 元バスプロ亀丸 圭一郎が教える!ブラックバスがガバガバ釣れる方法「湖編」

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


ブラックバス





イマカツ ルアーフィッシング入門

イマカツ ルアーフィッシング入門 餌釣り

イマカツルアーフィッシング入門としましては、やっぱりルアーと餌釣りの違いから見るのが、イマカツが勧めるルアーフィッシング入門と言えるでしょう。

やはり釣りをされる方の多くは、”餌釣り”からの方もいると思います。

そんな、”餌釣り”から”ルアー”へ移る時、それなりの心の準備をして挑みましょう。

それが、イマカツでのルアーフィッシング入門です。


まず、大きな違いは、当然嘘か本物かという所。

まー釣りですから、魚にとればどちらも偽物になるのですが(汗)。


 ☆★ エサとルアーの違い=イマカツルアーフィッシング入門

エサ釣りは、皆さんもご存知のようにターゲットの魚に合わせたエサを使用し、釣ってしまおうというもの。

簡単な様に思いますが、これがなかなか難しい。

エサの種類、仕掛け、タックル、などなど・・・

選択肢は多種多様でなかなか思うように釣れません。


しかし、皆さんが始めようと思っているルアー釣りは、さらに難しい。

エサ釣りに対して、偽物のエサで魚を釣ろうとしているのですから。


店で出されるラーメンと、店頭に並べられたサンプルのラーメン。

どちらがおいしそうですか?

大概の人は、店で出されるラーメンのほうがおいしそうではないでしょうか。

しかし、店によっては本物と見間違えるほどおいしそうなサンプルがあることも!!

ルアー釣りは、そんな本物そっくりの偽物を創り出す技術が要求されます。

それが、ルアー釣りの奥の深さであり、

イマカツのルアーフィッシング入門の第一歩なのです。


ブラックバス

 こちらもご参考に ⇒ ルアーフィッシングのカリスマ!
  イマカツ社長 今江克隆著作&DVD集

イマカツ クランク

イマカツ クランク レッスン

イマカツクランクで釣り上げたい!

そんな要望にお答えします!


今回、イマカツクランクバスフィッシングにおいては万能のイマカツクランクベイトです。

イマカツクランクベイトは今まで、主に淡水で使用されるルアーでしたが、最近「マダイのクランキング」というものがあるそうです。

どんぐりにリップを付けたような形をしていて、初心者の方は「これで釣れるのか?」と思われるはず...

しかし、バスフィッシングでは、使い方さえマスターしてしまえばメインルアーとなりうるルアーです。


◎ Lesson 1  サイズについて

サイズは40mm~60mm位までと全体的に小型で、ターゲットの居るレンジによって使い分けます。

40mm前後のものは、トラウトフィッシングに!

45mm以上のものは、バスフィッシングにどうぞ!


◎ Lesson 2  フックについて

ミノー同様トレブルフックが主流であるが、ターゲットによってシングルフック等に交換するのもいいでしょう。

淡水用と海水用があるので注意が必要!

淡水用を海水で使用する場合、フック等の金属部分の交換が必要になる。


◎ Lesson 3  潜行深度について

クランクの潜行深度は大きく分けて3種類。

シャローレンジ,ミドルレンジ,ディープレンジです。

潜行深度の記載が無いものは、リップの大きさやアイの位置でレンジの確認してください。


◎Lesson 4  特徴について

イマカツクランクベイトは、ボディのわりにリップが大きいのが特徴で、根を回避する能力に長けています。

カバーやリップラップを攻めることがイマカツクランクベイトの本質です。

そのため、水深によって使い分けることをお勧めします。

トップ用のイマカツクランクは、その概念が無く、主に引き波を立たせることが特徴です。


◎ Lesson 5  得意アクション

イマカツクランクには、特にアクションは必要ありません。

ただ巻きするだけでキビキビ泳いでくれます。

「カバークランキング」を駆使して大物をGET!してください。


☆書店には絶対売ってない!⇒

 元バスプロ亀丸 圭一郎が教える!ブラックバスがガバガバ釣れる方法「湖編」

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 ブラックバス



イマカツ クランク

イマカツ クランク 意味

イマカツクランクを見る前に、クランク自体の意味を見てみましょう。


イマカツ商品を手にする前に!

クランクとは、

機械の要素の一つで回転する軸とそれとは芯のずれた軸を結ぶ柄からなる機構です。

例として手回しのハンドルなどがあります。→ #クランク (機械要素)

上記のハンドルで特に映画用カメラ(初期の手回し時代の物)のそれを指すし、

そこから映画の撮影開始をクランクイン(crank in)、

終了をクランクアップ(crank up)というようになりました(和製英語)。


上記の形状の派生用法として直角の狭いカーブが二つ交互に繋がっている道路のことを指します。

後述の説明は自動車教習所あるいは検定所での例です。→ #クランク (道路)


クランク (機械要素)

クランクとは、機械の要素の一つで回転する軸とそれとは芯のずれた軸を結ぶ柄からなる機構です。

クランクロッドと呼ばれる棒を介し、往復運動を回転運動に変換する動作や、あるいはその逆の変換動作をします。

前者の例としては自動車などのレシプロエンジンがあり、ピストンの往復運動をクランクシャフトで回転運動に変えます。

類似の機構で逆にクランクの方を先に回転させればポンプになります。

クランク単体の例では人力で何かを回すためのハンドルや、自転車のペダルなどがあります。


クランク (道路)

クランクとは狭路の一種で、直角の狭いカーブが二つ交互に繋がっているコースで、技能検定や修了検定で必ず検査される課題の一つです。

狭い道路を、車両感覚を捉えたり、視野を上手にとったりしながら、適切な進路と速度を選んで通行できるようにするのが目的です。

教習生が苦労する項目で、深く入り過ぎたり、速度が速すぎたり、ハンドルを回し足りなかったりすると、外側前輪を乗り上げてしまい脱輪させてしまいます。

逆に、ハンドルを回すタイミングが早かったり、ハンドルを回し過ぎたり、曲がる方向に寄せ過ぎたり(内輪差を考えなかったり)すると、内側後輪を乗り上げてしまいやはり脱輪させてしまい、路外にポールが立ててある場合は接触にも注意しなければなりません。

脱輪をしたり、しそうになったりした場合には、切り返しをする必要があります。


どうでしょう?イマカツのクランクとは一見意味合いがないように思いますが、イマカツの商品もニュアンス的には同じです。

これで、イマカツクランクも完璧ですね?(笑)


書店には絶対売ってない!⇒ 元バスプロ亀丸 圭一郎が教える!ブラックバスがガバガバ釣れる方法「湖編」釣れたんじゃない!釣ったんだ!

イマカツ 通販

イマカツ 通販 売り切れ

イマカツ通販でおススメの商品をピックアップ!

通販でもなかなか手に入りにくい商品ですね。

チャンピオンシークレットベイト『風神スパイダー』

風神スパイダー

2005年トーナメントシーンを席巻した藤木淳のトップ50チャンピオン獲得の原動力となったシークレットベイト。

それが究極の虫系水面波動フィネスベイト イマカツ『風神スパイダー』 です。

超軽量フローティングラバージグと高浮力マテリアルの専用ワームトレーラーをセットすることによって、最高レベルの遠投性能とアキュラシーを実現させました。

水面に落ちた虫を演出する様に、スラックラインを十分に出し、

できるだけ移動させないように自然な波紋を可能な限り長く発生させることがポイントです。

小さなシルエットからは想像できない驚異的な集魚効果を発揮します。


またルアーの存在をバスに気づかせるために、

軽くトゥイッチするとペンシルベイトのようにドックウォークしながらアピールさせる事ができます。

プライベートはもちろん、トーナメントですら驚くべき効果を発揮する、

インセクトラバージグの究極進化系、

それがイマカツ風神スパイダーです。


通販で探していますが、見つかりません。

売り切ればかりです。

通販で見つけれなければ、イマカツさんに電話で問い合わせした方がいいのかな。(笑)

いずれにしても、もっとイマカツ通販で買い物したい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


☆必見! ルアー釣り関連本&マガジン売れ筋ランキング 

ブラックバス


イマカツ セット

イマカツ セット アベヤンマ

イマカツセットと言えば、イマカツ アベヤンマ&風神スパイダーセット!

超人気のイマカツセットで、売れまくりなのです!

在庫ありませんとネットでのコメントでした。


このイマカツセットのアベヤンマ。

説明しますと、イマカツアベヤンマは、イマカツ『風神スパイダー』 に続く、

水生昆虫系フローティングライトラバージグ第2弾 『アベヤンマ』なのです 。
(それがセットなんですね。)

その名の通り、野池や川、どこにでも存在するヤゴをモチーフにしたアベヤンマは、

スモールマウスのイメージが強いムシ系ルアーの中でも、

特に大型のラージマウスに強烈な威力を発揮するようテストを繰り返した、

「強水押し系」極小トップウォータージグです。


その最大のキモはフローティングジグながらイージーで正確な遠投性能と、

イマカツ風神スパイダー同様、水をしっかり掴み、

「もがき」の波動を生み出すショートカット・ハードシリコンカバー。


そしてイマカツアベヤンマが持つもう一つの特徴は、そのサイズに似合わない高い集魚力です。

イマカツアベヤンマトレーラーには「プッシュアップ・フロントアーム」が装備され、

このアームバーの反発によって移動距離を最小限にとどめ、

大きな水押しパワーを発揮し、ラージマウスの側線に強くアピールします。


トレーラー単体でもマス針やオフセットフックを使い、

更にフィネスでナチュラルなムシパターンに対応、

特にスプリットショットリグやキャロライナリグでは

イマカツアベヤンマトレーラーのレッグが浮上時に生き生きと振動し、

まるで本物のヤゴが水面へもがきあがろうとする様子を再現します。


単なるベーシックなムシパターンだけでなく、さまざまなリグにも応用が可能なアベヤンマ。

最近では冬でもサイトでバスを発見できれば有効であることが証明されています。


オールシーズンなトリックベイトとして、あなたの工夫で新たなる可能性が切り開かれます。


こんな魅力的ルアーがあるなんて、びっくりですね!

この最強セット、使ってみたいです!


☆必見! ルアー釣りの本&マガジン売れ筋ランキング

イマカツ ステッカー

イマカツ ステッカー 貼り方

せっかくイマカツステッカーを買えたのに、

貼るのを失敗したとか、うまく貼れないだとか、

イマカツのステッカーに関わらず、意外と貼るのが難しいのがステッカーですよね。

そんな”悩みは無用”テクニックをお伝えします!


と言いましても、実は、一番大事なのは準備なのです。

準備さえしっかりできていればちゃんと貼ることができます。

しっかり接着するためにあらかじめ貼る場所の汚れや油分をしっかり除去してください。

イマカツのカッティングステッカーは、デザインを重視していますので、小さな文字やパーツを使用しています。

小さな文字などは、接着面積が小さいため、特に下地の処理が重要になります。

車の場合、ボディのワックス、ウィンドウの油膜や撥水コーティングなども中性洗剤でよく洗い落としてください。

イマカツステッカーの糊は強力なものですが、貼りつける面に油膜などがあると、ステッカーは油膜の上に貼った状態になり、

特に小さなパーツはずれたり剥がれ落ちてしまうことがありますので、ご注意下さい。


また、イマカツステッカーは非常に薄く接着面によく馴染むため、

貼る場所に小さなゴミや埃、以前貼っていたステッカーの糊などが残っていると

その部分がデコボコになりますので、きれいに除去しておきます。


通常の貼り方で、手軽に貼ることができます。

主に小さなステッカーや、ステッカー本体の表面積が小さい場合に適しています。

やり直しがきかなく空気も入りやすいので、貼り付けには慎重な作業が必要です。

二人での作業をオススメいたします。


最後に、少し入ってしまった空気を、針で刺し、抜くところがポイントです。

綺麗に、かっこよくイマカツのステッカーを貼りましょう。


☆イマカツ社長 今江克隆著作&DVD集

イマカツ ステッカー

イマカツ ステッカー 作り方

イマカツステッカーはいろいろあります。

そんなステッカーを自分でも作りたい。

イマカツのステッカーのようなかっこいいステッカーを!頑張って作りましょう。


◆ イマカツの様なステッカーの作り方

自宅にあるプリンタでステッカーを作るには、まず、以下の材料と道具を用意します。

☆ 用意するもの
①プリンタ
インクジェット(染料)プリンタは紫外線に弱く、あまりお勧めできません。
インクジェット(顔料)、カラーレーザー、マイクロドライをお勧めします。

②シール用フィルム(台紙)
通常のシール用の紙ラベルやアート紙は雨風に弱いので屋外では使えません。
「フィルム」と明記されているものを使いましょう。

他にも、ステッカー用台紙と保護用フィルムがセットになったものなども売られています。
用紙についての台紙のリストをまとめてみました。

・UVカットフィルム
(保護用フィルム) 印刷した上に重ねて貼る透明のフィルムです。
お好みによってマット(光沢なし)やグロス(光沢あり)が選べます。

③カッター
切れれば何でもいいですが、わりと分厚いものを切るので、刃がしっかりしているのものが便利です。
使う前に刃を折っておきましょう。

④はさみ
隙間の小さいもの。スカスカしていると間に挟まり、大変なことに。
定規 金属製だとカッターで削ってしまう事故がありません。
厚手のものの方が刃がずれにくいです。

⑤あると便利なもの
カッターマット A4サイズぐらいのものがあると便利です。
無ければ適当な雑誌などをカッターの下に敷いて代用します。

ちなみに、カッターマットはマウスパットとしてもなかなか良いです。
いいマウスパットが見つからないとお嘆きの方はお試しあれ。

円形カッター 円形のステッカーを切り抜くときには必須です。
コンパスタイプや計量カップタイプなどいろんなタイプがあります。

☆ 準備
作業をする机の上を片付けます。

糸くずやほこりで散らかっていると、ステッカーに挟まってしまうことがありますので、念入りに。

印刷印刷する画像を、PNG形式が扱えるソフト(Word/PSP/PhotoShop等)で開き、高さと幅を設定してから印刷します。

プリンタの色補正機能は何かとトラブルの元になりますので、なるべく無効にしておきます。

乾燥プリンタにもよりますが、インクジェットプリンタの場合は最低3分は放置して乾燥させます。

本気でやるなら半日ぐらい乾燥させますが、その場合はホコリが付かないように前もって念入りに部屋を掃除しておきましょう(笑)。

☆ 切り離し
以後の作業がやりやすいように、最終的な切り取り線のまわりに1,2cmほど余裕を持って切断します。


このような段取りで行います。

イマカツのステッカーのようにインパクトがあるステッカーやイマカツのステッカーみたいにカッコいい物を作りましょう!


☆必見! ルアー釣り関連本&マガジン売れ筋ランキング

イマカツ クランク

イマカツ クランク プロジェクト

イマカツクランクプロジェクト!イマカツクランクでヒットしてみたい!


イマカツクランクは支点のズレから生じる"騙し系アクション"で、スレバスもイチコロです。

飛び、巻き心地、アクション、すべてが丁度心地いいよく、

狭小フィールドをとことん熟考しつくした、ニッポン専用開発システムクランクベイト、

それがイマカツクランク!


無音激飛型幻惑系クランクベイトシリーズ

イマカツ・クランクプロジェクト、

それは日本のフィールドとバスの性質を徹底した実戦を通じて研究し、

四季を通じて様々なフィールドで、様々な状況下で、

誰もが簡単に信頼して使い込めるベーシックでありながら

最高水準のクランクベイトを作り上げるプロジェクトです。


イマカツ・クランクプロジェクトでデザインされたクランクベイトは、

ピンポイントで突出した能力を発揮するのではなく、

誰が投げても気持ちよく遠投でき、

普通に巻いているだけで自動的に一定レンジを広範囲に探り、

最高の集魚能力、バス捕獲能力を安定して発揮するように設計されています。


シーズンを問わず、より幅広い状況下で使え、

より長時間、より長期間に亘って信頼し使い込めるクランクベイトシリーズです。


まさにバスフィッシングの腕の如何を問わず、

誰にでも釣らせねばならないバスフィッシングガイドの

「漁具」的クランクベイトを理想としてテスト、開発されています。


イマカツ・クランクプロジェクトでは、イマカツプロスタッフのみならず、

一般のアングラーから初心者までに実釣テストを依頼。

今も日本のあらゆるフィールドで徹底したフィールドテストを繰り返しています。


そのイマカツ独自の卓越した経験と貴重なフィールドデータから、

アングラーにとっての最高の使い心地と、

日本の "賢い" バスにとって最も魅力的とイマカツが考える

独自の "DAZZLING ACTION (幻惑する動き)" を

全てのシリーズにフィードバックさせています。


ベーシックでありながら最高峰のトーナメントをも制する潜在能力、

そしてアングラーを選ばない。

投げれば誰もが直ぐに理解できる、

それがイマカツ・クランクプロジェクトの基本コンセプトなのです。


☆必見! ルアー釣り関連本&マガジン売れ筋ランキング!

☆書店には絶対売ってない!⇒ 元バスプロ亀丸圭一郎が教える!ブラックバスがガバガバ釣れる方法「湖編」 釣れたんじゃない!釣ったんだ!

イマカツ 限定

イマカツ 限定 ルアー

イマカツ限定ルアーのご紹介!

イマカツ限定・バスワールド・サイドリバー連動企画!

その名もイマカツ限定バズビルマグナム・ブラックアバロンモデル!


このイマカツ限定ルアーブラックアバロンの魔力がバスを惹きつける!

インナープレートに「ブラックアバロン」を装備。

このアワビが持つバスを惹きつける不思議な魔力が、バズビルマグナムに加わります。

美しい上質の天然鮑箔である高価なプレートを贅沢に使用した特注仕様です。


ベースモデルは定評のある、「バズビルマグナム」を採用

ベースモデルは定評のある、「バズビルマグナム」を選定。

イマカツの今江プロ自身のブログや、当サイトの人気ネットムービー「イマカッチャンネル」でもそのポテンシャルは周知の事実です。


今回、私がおススメするイマカツ限定「バスビルマグナム ブラックアバロンモデル」。

バスビルマグナム ブラックアバロンモデル は、

価格は5,040円(税込)で、限定1000個!

・6~7フィート M~Hアクションベイトロッド 

・14~20ポンドフロロ、ナイロンライン

おススメ、イマカツの限定ルアーです!

このルアーを持って行けば、ヒット率大幅アップです。

一度試されてみてはいかがでしょうか。


☆人気ネットムービー ⇒ イマカッチャンネル

☆書店には絶対売ってない!⇒ 元バスプロ亀丸 圭一郎が教える!ブラックバスがガバガバ釣れる方法「湖編」釣れたんじゃない!釣ったんだ!

イマカツ 引退

イマカツ 引退 今江克隆

イマカツの代表取締役。今江克隆氏(イマカツ)。

彼に引退の二文字が横切ったのは、2007年4月、甲状腺癌が発見され、

同年5月上旬甲状腺摘出手術を受けたときではないでしょうか。


本人は引退なんて考えもしてなかったしれませんが、周りの関係者、イマカツファンの方々等は少なくとも引退かと思ったかもしれませんね。

ただ、イマカツの今江克隆氏、彼は違いました。

驚くべき回復スピードで同年7月、TOP50戦線復帰、現在、完全回復を目指し順調に調整中なのです。

ただただすごい。


イマカツの代表取締役今江氏。

彼は日本最大のトーナメント組織JBシリーズにおいて、全てのメジャータイトルを複数回に亘り獲得し、常に頂点に君臨し続けているトーナメントプロです。


15年間の商社勤務を経て、2004年、株式会社イマカツ設立、同代表取締役就任しました。

1989、1990&1992年JBアングラーオブザイヤー、

1996、1998年JBクラッシックウイナー、

1989&1991年バサーオールスタークラシックウィナー、

2003年JBチャンピオン オブ チャンピオンズ獲得、

2001、2003年JBワールドシリーズ(現TOP50シリーズ)チャンピオン、

JBトップカテゴリートーナメント最多勝(22勝)。

そして2005年、全国のファン投票で選ばれたバスプロ5人がTV密着で競う

新方式トーナメント、「2005JBエリート5」初代ウイナーに輝くなど、

日本のバスフィッシングの発展に大きな功績を残し、

その歴史から彼の名前が途切れる事はありませんでした。


また、メディア、セミナー、映像関係への出演多数、

アマゾン、南米、アメリカ等、海外遠征取材も積極的にこなし、

本格派バスフィッシングビデオの先駆け「黒帯(内外出版)」シリーズは

バスフィッシングビデオ最大級のベストヒットとなっています。


著書も数多く、代表作としてシークレット48、裏シークレット48、トップシークレット、REAL等のベストセラーがあります。

このすばらしい今江氏が引退なんて考えられませんね。

まだまだ、現役で、引退の二文字は全然見えてきませんね。

ずーと、輝いてほしいです。


☆ご紹介します ⇒ イマカツ社長 今江克隆著作&DVD集

イマカツ ダメージキャップ

イマカツ ダメージキャップ おしゃれ

イマカツダメージキャップ
”おしゃれ”にこだわる人には間違いないアイテムです。

この度、イマカツダメージキャップが登場!

被り心地の良い100%コットンのしっかりしたキャップです。

ダメージ加工と3色のカモカラーがベストマッチ!

あなたはどの色を選びますか・・・


今や、釣りもオシャレの時代です。

服装にも機能性とオシャレ性を兼ね添えなければいけません。

このおすすめイマカツのダメージキャップ、お値段もリーズナブル!

販売価格は、4,410円 (消費税込・送料別)なんです。

ネット販売もしていますが、売り切れているページや、個人売りをするほどの人気です。


ダメージキャップといえば、年齢関係なく、もちろん男女関係なく、幅広い人気ですよね。

私も個人的によくかぶる事が多いのですが、イマカツのダメージキャップは、本当にオシャレ度が高く、あまりと言いますか、全く釣りをされない方にも普段街中でかぶる事もお勧めしたくなるくらいいいです。

シンプルでかっこいい、イマカツさんのダメージキャップ。送料は、

★お買物合計10,500円以上で送料無料★ となり、

10,500円未満のご注文の場合、1回の送料は全国一律480円となります。

別件注文の同梱をご希望の際は必ずご連絡して下さいとの事です。

配送は郵パックまたは福山通運(大型商品のみ)の取扱いとなります。

イマカツダメージキャップモデル IMAKATSU Damage CAP

カラー:グリーンカモ、サンドカモ、チャコールカモ

サイズ:フリー

素材:コットン100%です。


早いもの勝ちのイマカツダメージキャップ。

IMAKATSUチーム御用達のキャップです。


☆イマカツSITE  ⇒ IMAKATSU





イマカツ ルアーフィッシング入門

イマカツ ルアーフィシング入門 基本

ルアーフィッシングとは、生き餌を使う従来の釣りとは違い、疑似餌(ルアー) を用いて行う釣りのことです。そんなルアーフィッシング入門の基本として、イマカツは使いやすいルアーも充実しています。

○イマカツルアーフィッシング入門編=ルアーの種類

ルアーには、スプーン、スピナー、スピナーベイト、バスベイト、ミノー・プラグ、ラバージグ、ワームなどがあります。

スポーツ感覚で若い人から大人まで幅広い層で支持され楽しまれています。


○イマカツルアーフィッシング入門編=対象魚

代表的なルアーフィッシングの対象魚としては、

淡水ではサケ・マス類、ブラックバス、ライギョなどがあり、

海水ではスズキ(シーバス)、シイラ、ヒラメ、ブリ、カサゴ、アイナメなどがあります。

そして基本的に、釣った魚は持って帰らず、キャッチ&リリースといい、その場で放流されることが多いのです。


○イマカツルアーフィッシング入門編=鱒ボール現象

ルアーフィッシングに限らず、最近のニジマスをはじめとしたトラウト類の「管理釣り場」が増えています。

そこではクリアなポンドなどで魚達の生態やエサやルアー、フライなどに喰いつく瞬間がよく観察できます。

よく見られる現象として通称「鱒ボール」と呼ばれるニジマスの群集がある事です。

敢えて「群泳」でなく「群集」と表現しましたのは、数10~数100匹の群れが黒く固まり、ただ浮かび一定の場所に留まり、何かのきっかけでその群れ全体が移動していくからです。

その姿は「泳ぐ」というよりもむしろ「漂う」という表現が適当ですね。


なぜ「鱒ボール」ができるかについては諸説あります。

隠れる場所が少ない「管理釣り場」でニジマスたちが外敵から身を守る手段ではないかという説が有力でありますが、真相はまだ明らかにされていません。

また、外来種として各地の湖川に定着したニジマスもこの「鱒ボール」を作るのか否かといった疑問も残りますね。

ともあれ、専門家の調査が待たれる「謎の行動」であることは間違いありませんね。

イマカツでは他にもルアーフィッシング入門に関していろいろありますので、要チェックです。


☆イマカツ社長 今江克隆著作&DVD集

イマカツ ジャバスティック

イマカツ ジャバスティク シークレット

イマカツジャバスティックでのシークレットテクニック!

イマカツジャバスティックの計算外の副産物だったのが4~8インチ、特に5インチでの水面直下直線高速引きです。


イマカツジャバスティックは全身左右から均等に水を掴む構造(PAT)の上、ジョイント部の板状の部分とフックがキールになるため、ほぼ完全に直線状態をキープします。

しかも早く巻けば巻くほど全身が真っ直ぐになりながら激しく超微振動し、その姿はまさに全力で逃げ回る小魚の必死のバイブレーションそのものにも見えるのです。

これはジグヘッドでスイミングさせても同じです。


イマカツジャバスティックの凄いところは、普通に巻けばウネウネと泳ぎ、高速に巻けば真っ直ぐ、さも痙攣しているかのような超微振動にシフトし、回転しない所にあります。

イマカツジャバスティックは高速になればなるほど、痙攣するように激しく震えながら真っ直ぐ一直線を維持し、真ん中の板状の部分が水の流れを左右均等に整流する効果があります。

逆にゆっくりだとまさに小魚の無警戒に泳ぐ姿そっくりです。


イマカツジャバスティックは上下左右がないラウンドボディーです。

滑らかさを武器に色々な動きで、魚を惑わし、ヒット率を極限まで高めます。


最高の逸品をシークレットテクニックで楽しんでみてはいかがでしょう。


☆必見! 

ルアー釣り関連本&マガジン売れ筋ランキング



ブラックバス


イマカツ ジャバスティック

イマカツ ジャバスティック 商品

イマカツジャバスティックおすすめの商品!

○CAROLINA RIG

2006年TOP50桧原湖戦において、今江が初日トップウエイトをマーク。

その方法とは、3lbフロロカーボンラインに、5g~7gのシンカーをセット。

キャロをリーリングし、シンカーをほぼボトムにコンタクトさせずに浮き上がらせることなくリトリーブし続けます。

その後方や上のレンジにロングリーダー先にセットしたイマカツジャバスティックをスイミング。

飛距離を求めるポイント攻略時に、ボディ全体を揺らしながら泳ぐ他のソフトワームと異なり、

イマカツジャバスティックは、このサイズでありながら、多節変形性能により小魚そのままの動きを演出します。

(一直線上に泳ぎながらテールのみをオートマティックに微振動させているのです。)


○WACKY RIG

このイマカツジャバスティックリグにはモスキートのサイズ2と、1/32のミサイルシンカーを使用。

使用方法は、ハンプの周りにいるスモールが魚探に映った瞬間にシューティングし、6~9メートルラインで藤木が2006年TOP50桧原湖戦で主に使っていた方法です。


○RUBBER JIG TRAILER

このイマカツジャバスティックは最終兵器ともいえるRV-ジグ 1~2グラムを使ったスモラバトレーラーで、恐るべき効果を生むセット方法です。

横刺しセッティングなので、ボトムなどをヘコヘコと移動距離を少なくねちっこくやるときに最適なセットで、縦刺しはスイミングにおススメです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

☆イマカツ社長 今江克隆著作&DVD集     ブラックバス


イマカツ ジャバスティック

イマカツ ジャバスティック テクニック

 おすすめイマカツジャバスティックテクニック!

◆ イマカツ ジャバスティック Technique 1 : NO SINKER RIG

イマカツジャバスティックをセットし、あらゆるポイントでお使い下さい。

表層バジング、フォーリング等、様々なテクニックに対応します。

また、横刺しでフックすれば見事な上下アクションになります。


◆ イマカツ ジャバスティック Technique 2 : JIG HEAD RIG

3インチには1/16ozジグヘッドリグが、イマカツジャバスティックの多節変形性能により、恐るべき自然でトリッキーな能力を実感させてくれます。

一見ノーマルすぎて釣れなさそうに思えるが、サスペンドと匹敵する早春の切り札はやはりジグヘッドのスイミング&ハングアップ-オフテクニックです。

縦刺し(縦付け)セット方法左右の細かいバイブレーションで逃走するような小魚アクション。

横指し(横付け)セット方法上下に見事なバサロキックアクションで水を掴みます。


◆ イマカツ ジャバスティック Technique 3 : DOWN SHOT RIG

ダウンショット等、ネチットやる時は、横刺しがおススメです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

☆ルアー釣りの本&マガジン売れ筋紹介!!  ブラックバス


イマカツ ジャバスティック

イマカツ ジャバスティック 使用法

イマカツジャバスティックの魅力とは何か?やはりその動き!

イマカツのジャバスティックは、時代の最先端を切り開く、タフコンディションの切り札。

それがイマカツのニュータイプ・スイミングワーム「ジャバスティック」

イマカツジャバスティックの超生命体波動万能ベイト型喰わせ系

・ジャバロンのスペシャリティーを受け継ぎ、リグ、場所、状況を選ばず使用できるバーサタイルスティックベイトです。

・イマカツジャバスティックの大きな特徴として、泳がせて良し、放っておいて良しの全リグ対応ワーム。

・特に、スプリットショットやキャロライナリグにおいて、スイミングで誘うサスペンドバス攻略に威力を発揮。
広範囲にスクールする回遊性の高いバスに対して切り札的存在。

・フックセットを縦にすると、ジャバロンシリーズ特有のシャークウォークスイミングを見せ、
横にするとバサロ泳法のようなキッキング系のスイミングになります。

・リトリーブスピードに変化をつけることで、異なる2つのアクションが可能です。
普通にリトリーブすると、まさに小魚のようにウネウネと泳ぎ、
高速でリトリーブすると、痙攣するように激しく震えながら回転することなく
このイマカツのジャバスティックは真っ直ぐ一直線を維持して泳ぎます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


ブラックバス


☆イマカツ社長 今江克隆著作&DVD集




イマカツ ジャバスティック

イマカツ ジャバスティク 詳細

イマカツジャバスティクとは?
イマカツのジャバスティックの詳細を見ましょう!

 イマカツのジャバスティック時代の最先端を切り開く、タフコンディションの切り札。それがニュータイプ・スイミンワーム「ジャバスティック」

イマカツの『ジャバスティック』 はジャバロン独自の全身駆動アクション、全身波動を受け継ぎ、更に小さなベイトフィッシュ独特の震えるようなナチュラルエスケープスイミングを実現させた、唯一無二の動きを持つイマカツの新型ストレートワームです。


そのスイミングアクションはまさに本物の小魚が逃げ惑う姿そのもの。

ノーシンカーはもちろん、ダウンショット、ジグヘッドリグ、ワッキーリグ等あらゆるリグに高次元で対応します。

特に近年、再びトーナメントシーンで注目を集め始めているスプリットショットリグ、キャロライナリグのスミングテクニック、通称「巻きキャロ」では、回遊性の強くなった手強いバスにも絶大な効果を発揮します。


最近はスレたフィールドのバスほどラインの水切り音に敏感。

ラインを激しく動かすシェイキング以上に、ラインの動きが少なく、ナチュラルな波動をしっかり発生するスイミングワームがビッグフィッシュに効果的なことが多くなってきています。

イマカツのジャバスティックはそんな時代の最先端を切り開く、ハイプレッシャーレイクの切り札的ニュータイプスイミングワームなのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


◇ 釣りの王道を歩むがんこ一徹の釣り職人

⇒ ⇒ 下野正希著作&DVD集  ブラックバス


イマカツ ジャバロンハード

イマカツ ジャバロンハード 紹介

イマカツジャバロンハードのおすすめをピックアップします!

まずは、イマカツの”小さな巨人”JAVALLON110

 小さなフックを使うことが前提のジャバロン110はフックの重量で重心を安定させることがすごく難しいジャバロンハード。

そこで上下2層に比重の違う素材を採用。

イマカツ独自の下層には高比重マテリアル、上層には低比重マテリアルの2芯2層サンドイッチ構造で重心安定性を確保しました。

小型細軸フックが使用可能であるばかりか、スパイラルしにくい素早いフォーリングも可能になり、アクションのバリエーションも豊かになっています。


次に、イマカツの”モンスター”その名もJAVALLON MONSTER200

 イマカツ・ジャバロンハードシリーズ最大にして最強を誇る、まさにモンスターを獲るためだけに生まれてきたパーフェクトスナッグレス多重性能スイムベイト 「モンスタージャバロン」。

その巨大なサイズは真にトラウトベイトそのものですが、モンスタージャバロンは他の如何なるトラウトベイトとは一線を画す、イマカツジャバロンハード独自の全身駆動型フルボディアクション。

しかもその大きさからジャバロンハードシリーズ最強のダイナミックな動きと水押しパワーを発揮します。

卓越したスナッグレス性能&超遠投性能は、誰も手の届かなかったモンスターの潜む密林のようなティンバーやオーバーハングの奥の奥、

そして根掛かり必至のテトラや岩礁帯のド真ん中にも臆することなく攻め込みます。


また、アングラーの工夫次第でいかなるリグに対応可能。

一見不安なフッキングも、バスからフックの存在が見破られにくいためか一気に丸呑みが多く、同時に蛇腹状のボディがバスの口の中で折り畳まれるように吸い込まれるため、想像以上に高いフッキング率をこのジャバロンハードは発揮します。


正に50アップ専用設計とも言えるレコードブレーカー「モンスタージャバロン」、

夢を追い掛けるビッグバスハンターにこそ相応しい必殺のモンスターベイトですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


◇ 天才にして究極の努力家!めざせバスフィッシング世界一!

⇒ ⇒ 並木敏成著作&DVD集

ブラックバス


イマカツ ジャバロンハード

イマカツ ジャバロンハード テクニック

イマカツジャバロンハードを使うなら同時にテクニックも磨きましょう。

○イマカツジャバロンハードTechnique 1 : NO SINKER RIG

まず、イマカツのジャバロンハードをセットし、あらゆるポイントでお使い下さい。

基本は動きが止まらない程度の最低速度でゆっくりと表層~表層直下をただ引きするだけ。

また、表層バジング、フォーリング、ボトムでのデッドスティッキング、ズル引き等様々なテクニックに対応します。

また、裏返しでフックセットすればノーマルセッティングよりやや深めのレンジを更にキープしやすくなります。

裏技としてオープンウォーターではトリプルフックやWフックをメインフックに付けるとフッキングが倍増します。


○イマカツジャバロンハードTechnique 2 : TEXAS RIG

タングステンスリップシンカーを使用してテキサスリグスタイルにリギング。

やや深め(2~3m)をスイミングさせたり、フォーリング時に縦に泳がせたり、ボトムをズルズルと引くときに使います。

全身の動きを損なわないためにもジャバロン140には1/8オンス(3.5g)まで、160には3/16オンス(5g)までのシンカーをお勧めします。


○イマカツジャバロンハードTechnique 3 : NAIL RIG

ネイルシンカーを入れる場合、1/32~1/16オンスを顎の下部分、ワームと平行にセンター部に入れて下さい。

センターがずれてしまうとワームが斜めに泳ぐことがあります。

ワームの先端に近いほどフォーリングが早くなり、やや深めの層を引くことが出来ます。

ジャバロンハードテクニックで魚をゲットしましょう!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


◇ 日本のバスフィッシングシーンを牽引する男! 
田辺哲男著作&DVD集   ブラックバス


イマカツ ジャバロンハード

イマカツ ジャバロンハード 全身駆動型

イマカツジャバロンハード

最大の特徴は、全身駆動型にあり!

今まで体験したことのない全身駆動型フルボディアクションで、

ビッグジョイントプラグを彷彿させる強波動集魚力。

そしてカバーを恐れない完璧なスナッグレス性能。


イマカツガレージクラフト・ジャバロンハードは今まで不可能とすら思われていた、

ビッグジョイントプラグの威力をシンプルなオフセットフックスタイルで実現させた

ニューコンセプト&ニューアクション多重性能スイムベイトです。


イマカツジャバロンハードは従来のジョイントビッグベイト、スイムベイトのように

リップやシャッドテイル等、ボディの特定部位から動きを発生させるものではなく、

全身全てが動きの発生源。

故にスローなリトリーブでも全身をくねらすように大きく滑らかに動き、

同時に今までにない大きな波動を全身で発生させます。

しかもこのイマカツジャバロンハードは邪魔な突起物がないため

遠投性能、スナッグレス性能、すり抜け性能は抜群、

バイト時もフックやボディに違和感がないため躊躇なく丸ごと食い込もうとします。


ノーシンカーはもとより、テキサスリグ、ダウンショット、ジグヘッドなど

あらゆるリグにも対応。

水面からボトムまで、ウィードジャングルから密集する立ち木のど真ん中まで

攻略する場所を選ばない、イマカツジャバロンハードは

正に夢のソフトジョイントベイトなのです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


★バスフィッシングのカリスマ! 今江克隆著作&DVD集

ブラックバス

イマカツ ジャバロンハード

イマカツ ジャバロンハード 魅力

イマカツジャバロンハードの魅力とは何か?

一言で、その動きに最大の魅力があります。

全身駆動型フルボディアクション。

驚異の集魚力を誇るニューコンセプト、ニューアクション バーサタイルソフトジョイントベイト。

いわゆる、超生命体波動万能型喰わせ系!というところですね。

誰もが水面、水中を泳ぐイマカツのジャバロンハードを見ると目を疑うくらいの動きをします。


そのイマカツのジャバロンハードは、他社が真似をして、売り出しているので、第三者的な立場の各つり雑誌からも”粗悪な類似品にご注意ください”と紹介されるぐらいイマカツ独自の技術がこのジャバロンハードには生きています。


イマカツおすすめの基本的な使用方法はノーシンカーリグでのスローリトリーブ。

独特のブロック形状のボディが全体で水をつかみ柔かくうねるようなナマナマしい泳ぎを誰でも簡単に演出できます。


また、ジャバロンハードは場所や状況に応じて、

テキサスリグ・ダウンショットリグ・ネイルリグ・ジグヘッドリグ・ヘビーキャロライナリグ等、

あらゆるリグに対応する万能型ソフトジョイントベイトです。

タフコンディション時はボトムでのデッドアクションも非常に有効です。


こんな魅力的イマカツのジャバロンハード。

必見の価値ありです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


◇ 初心者からベテランまで楽しめるルアー釣り関連本&マガジンの紹介 ◇

 ⇒ ⇒ ルアー釣り人気の本&マガジン

ブラックバス


イマカツ ジャバロンハード

イマカツ ジャバロンハード 詳細 

イマカツジャバロンハードの詳細をご紹介します!

イマカツのジャバロンハードとは、

多節系ビッグベイトの究極進化、ソフトベイトとハードベイトの優性遺伝、ジャバロンハードです。


☆ ジャバロンハード

『イマカツ:ジャバロンハード』 は、発売以来、全世界のアングラーがその動きに魅了され、多くのビッグバスをも魅了し、釣り上げてきたソフトルアー 「ジャバロンハードシリーズ」 のハードルアー版です。

ただ単に素材が、ソフト⇒ハードになっただけではありません。

ソフトルアーでは難しかったショートバイトを確実にフッキングに持ち込むために、キラービルなどでおなじみの「キラーフックシステム」を装備。

また、F-1マシンを彷彿させるリップはジャバロン独特の全身をくねらせて発生させる波動を見事に再現しています。


このジャバロンハードは、ただ巻きでもよし、デッドスティッキングや、水面直下のガーグリング、ジャーク、トウィッチなど多彩なアクションでその実力を発揮します。

イマカツだからできる、イマカツだけの最高傑作なのです。

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。